高村光雲 買取

東京美術学校教授や帝室技芸員拝命し、江戸時代の木彫技術の伝統を近代につなげた彫刻家。
西洋画の写実を参考に写生をとり入れ、新しい作風を展開、近代木彫の名品は高価買取させて頂きます。
高村光雲の作品は、仏像や動物を題材にした優しさ溢れる彫刻品で、多くの功績を成し遂げてきました。
「山霊訶護」は、フランスのパリ万博に出品され、小動物を捕らえようとしている鷲から、
小動物たちを守る山姥の様子が表されている作品です。高村光雲独自の名品は、高価買取対象です。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

高村光雲の作品ー査定・買取ポイントのアドバイス

高村光雲(たかむら こううん)・特徴と技法

1852年(嘉永5)~1934年(昭和9年)83才没。

彫刻家、仏師。
高村光雲は、江戸下谷に町人兼吉の子として生まれる。
仏師高村東雲(とううん)(1826―1879)の門に入って 木彫り を学び、後に東雲の姉の養子となり高村姓となる。
高村光雲の作品は、仏像や動物を題材にした 彫刻 品が多く、その技術で数々の功績を成し遂げてきました。
明治維新 後、仏教を廃する運動、また、象牙 彫刻が流行したため木彫も衰え、仕事が激減しました。
しかし、光雲は木彫に専念し、西洋美術の写生を取り入れ新しい作風で、近代木彫に大きな業績を残した。
また、江戸時代までの木彫技術の 伝統 を近代につなげる重要な役割も果たした。
1890年以降は、東京美術学校 教授 に任命され、後進の教育にもあたるようになりました。
翌年、帝室技芸員 拝命。翌年光雲と し、数々の博覧会で審査員も歴任しました。官展系木彫の重鎮となる。
光雲の弟子には山崎朝雲、山本瑞雲、米原雲海・平櫛田中など近代日本彫刻を代表する彫刻家がいる。
主な作品には1877年「白衣観音」内国観業博覧会で、最高賞の龍紋賞を受賞
1893年「老猿」シカゴ万国博覧会で、優等賞を受賞。国の 重要文化財 に指定。
1897年西郷隆盛像は、宮内省と国民の寄付で建立、上野の西郷さんの愛称で親しまれています。
1900年「山霊訶護」パリ万国博覧会に出品され、小動物たちを守る山姥の様子が表されている作品で、日本が誇る彫刻の伝統とヨーロッパの 写実 性が融合され、高村光雲独自の感性と優しさが溢れる作品です。

高村光雲の作品  作風と買取価格のワンポイント

高村光雲の作品は、仏像や動物の彫刻品が多く、日本彫刻の伝統と西洋画写実性が融合された逸品が人気です。

簡単な作品から時間をかけた力作、またデザインや種類により買取価格は変わってきます。
若年 の作品よりも、独自の境地を築いた晩年名品 が高価買取対象です。
 

 
嘉永五年(1851年)江戸下谷北清島町に生まれる。
文久三年(1863年)仏師高村東雲(とううん)の門に入って木彫を学ぶ。
明治七年(1874年)年期明けとなり、光雲の を与えられ、同年東雲の姉の養子となり、高村姓をついだ。
明治十年(1877年)第1回内国 勧業博覧会 で「白衣観音(びゃくえかんのん)」を出品最高賞の龍紋賞を受賞。
明治二十年(1887年)皇居造営に際し、装飾の一部を担当して好評を得た。
明治二十二年(1889年)東京美術学校(現東京芸術大学)の 彫刻 科の指導者。作品「矮鶏」金賞を受賞する。
明治二十三年(1890年)東京美術学校教授に任命され、帝室技芸員拝命。翌年光雲とした。
明治二十六年 (1893年)シカゴ 万国博覧会 で「老猿」が妙技二等賞を 受賞
明治四十年 (1907年)文展開設後は 審査員 を歴任。
大正8年(1919年)には 帝国美術院 会員
昭和九年(1934年)東京市本郷区駒込林町の自宅で死去。享年八十三。
 

 

高村光雲の作品をお持ちのお客様、お気軽にご相談ください。

高村光雲の作品の場合は、購入された時から入っている箱(共箱)は大切な箱で、共箱には高村光雲の自筆のサインと 落款 が押されています。共箱は、保証書も兼ねており、有る・無しで、買取価格は大きく変動します。

汚れや傷みがある場合でも、現状のままお持ちください。

鑑定証 の有無に関わらず、まず当店で無料の 真贋 の判断やアドバイスをさせて頂きますので、お電話でご相談ください。
一般的に 絵画 の 鑑定 は、美術俱楽部やそれぞれの指定された 鑑定機関 で行われており、その場合、真贋を問うだけで、約3万円~5万円かかり、有料です。

【所定鑑定人・鑑定機関

高村達

住所
東京都豊島区駒込6-11-14
電話番号
03-5980-8202

当店では高額な作品も扱っております、一例ですがご覧ください。
お買取りさせて頂いた作品は価格を表示してホームページや店頭で販売しています。

高村光雲をはじめ買取させていただいた作家の作品も数多くあります、是非ご覧ください。

当店には高村光雲の愛好家やコレクターのお客様もおられ、新しい作品の入荷をお待ちです。
高村光雲の作品をお持ちのお客様は、お気軽にご相談頂ければ、適切なアドバイスをさせて頂きますので、是非お問い合わせ下さい。

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本全国対応致します
まずはお問い合わせください

お問い合わせのお電話番号

075-533-1956

11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

 

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

 

高村光雲 略歴

江戸生まれ。
明治~大正時代に活躍した日本の木彫刻家、仏師です。
本名幸吉、旧姓中島。幼名は光蔵。
日本近代 彫刻 の祖。
高村光太郎、高村豊周の父親。
長男の光太郎は 彫刻家 で詩人、三男の豊周は工芸家として名高い。
著書に「光雲懐古談」がある。上野の西郷隆盛像の作者。
その他、代表作には「老猿」「楠公像」などがある。
「老猿」国宝(重要文化財)、高村光雲の最高傑作として現在でも高い評価を受けている。
この作品の制作にとりかかろうとした時、長女の咲子を16歳で亡くし、落胆するも制作を通じて気力を取戻す。
「老猿」の迫力は娘を失った高村光雲の悲しみと、それを克服しようとする気迫が一刀一刀に込められているとされる。
シカゴ 万国博覧会 に出品し、国際的にも高い評価を受けている。
仏像や動物をモチーフにした作品を多く手がける。
明治維新以後は廃仏毀釈運動の影響で、仏師としての仕事はなく、輸出用の象牙彫刻が流行したために木彫も衰え、光雲自身の生活も苦しかった。
そのような中で光雲は 木彫り に専念、積極的に西洋美術を学び、衰退しかけていた木彫を写実主義を取り入れることで復活させ、江戸時代までの木彫技術の 伝統 を近代につなげる重要な役割を果たした。

1863年、仏師高村東雲の門に入って木彫を学び、1874年(明治7)東雲の姉の養子となり、高村姓を継いだ。
1877年(明治10)内国 勧業博覧会 に東雲の代作として「白衣観音」を出品、最高賞を受けた。
1887年から翌年にかけての皇居造営に際し装飾の一部を担当した。
明治時代に入り廃仏毀釈などで仏像の需要が激減し伝統の木彫が衰退し、象牙 彫が隆盛するなど木彫衰退の時期に、鳥や獣を題材に写生をとり入れた新しい 作風 を開き、明治の近代木彫の展開に大きな業績をのこした。
1889年東京美術学校(現東京芸術大学)の開設とともに岡倉天心の招きで彫刻科の指導者となり後進を指導、翌年帝室技芸員、東京美術学校教授に任命され、1891年光雲とした。
東京美術学校に依頼された、皇居前広場の「楠公像」「西郷隆盛像」の銅像を木彫の原型から完成させ、上野公園の「西郷隆盛」の木型制作主任を勤めるなど、業績は多岐に及ぶ。

1893年のシカゴ万国博覧会では「老猿」が妙技二等賞を受賞した。
1907年(明治40)の文展開設後は 審査員 を歴任し、1919年(大正8)には 帝国美術院 会員となり、文字どおり官展系木彫の 重鎮 であった。
1919年、山霊訶護をパリ万博に出品。帝室技芸員東京美術学校 名誉 教授 を勤める。
1926年、東京美術学校教授を退いて 名誉教授 となった。

1879年(昭和9)10月10日死去。83歳。

高村光雲の主な出来事や作品の年表

明治・大正時代の日本彫刻界の重鎮。
伝統 的な木彫の手法に、西洋の 写実 をとりいれた清新な 作風 をひらめき、わが国の近代彫刻の展開に多大な貢献をはたしました。
明治維新 以後は廃仏毀釈運動の影響により仏師としての仕事がなくなりました。
象牙 彫刻 が流行し、木彫も衰えます。
それでも光雲は木彫に専念し、西洋美術を積極的に学び、衰退しつつあった木彫に写実主義を取り入れて復活させ、江戸時代までの木彫の伝統を近代につなげる重要な役割を果たしました。
木彫技術に洋風彫刻の写実性を加味して、木彫り に新生面を開きました。
高村光太郎、高村豊周は息子。写真家の高村規は孫。
光雲の 弟子 には山崎朝雲、山本瑞雲、米原雲海など近代日本彫刻を代表する 彫刻家 がいます。
代表作は「老猿」「楠公像」「西郷隆盛像」など。

嘉永5年(1852) 江戸下谷(江戸浅草)に町人兼吉の子として生まれる。幼名は光蔵。

文久3年(1863) 江戸仏師高村東雲に 師事 し、木彫を学ぶ。
後に師匠東雲の姉エツの養子となり高村姓となる。

明治7年(1874) 高村東雲に認められる、高村光雲を名乗る。

明治10年(1877)第一回国内 勧業博覧会 に「白衣観音」像を出品。龍紋賞受賞

明治19年(1886)東京彫工会設立する。

明治22年(1889)岡倉天心の招きで 東京美術学校(現東京芸術大学)に勤務。
        木彫に写実主義の技法を取り入れ、
        山崎朝雲、平櫛田中など後進の育成にも尽力した。

明治23年(1890)東京美術学校 教授 に就任、帝室技芸員 となり、日展 の主任 審査員 などとしても活躍する。

明治26年(1893)シカゴ万国博覧会「老猿」出品する。
        大鷲と格闘した直後の、気迫に満ちた猿の姿をいきいきと描写している大作。

明治31年(1898)上野公園「西郷隆盛像」の木型制作(犬は後藤貞行)。

明治32年(1899)木彫 レリーフ「江口の遊君(遊女)」制作する。

大正8年(1919) 山霊訶護をパリ万博出品する。
        帝国美術院 会員。

大正15年(1926)東京美術学校を退職、名誉教授 となる。

昭和9年(1934) 逝去。83歳。

 

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

 

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

 

買取作家一例

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

 

買取方法と流れ

★出張買取 出張・査定・見積り、全て費用は無料

★宅配買取 送料無料、買取価格保証

★全て現金でお支払い

 

 

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

茶道具売却依頼で、金工作品で純銀製品の茶入を売却頂きました。

写真が15枚あります。くわしくはこちら 最大横幅約 7cm 高さ約 9.2cm 重さ約 193g ご高齢の女性のお客様でしたが、ご自宅の整理をされていて、査定して頂きたいと、お写真を持って来店されました。その後ご帰宅されてから買取して頂きたいと作品を宅配でお送り頂きました。先代が 茶道具愛好家 で、大切にされていた 逸品 だけに、家族の方々と相談され、お返事を頂いたようです。煎茶道具 の写真を見せて頂いて、買取価格を提示して自宅に帰られてから数点の 逸品 を送り頂きました。この 茶入 れは材質は純銀製品です。時代は大正時代前後頃で、煎茶道具の 茶入 です。金工作品 ですが、ご覧のように、手打ち で施された鎚起 技法 の槌目模様が美しく、丁寧に作られた 逸品 です。作品の底に「純銀」と 刻印 が入っております。最近ではこのような 金工作品 の茶入が中国のお客様に人気があります。採光の加減で白く光っておりますが、未使用品に近く、保存状態 の良い品物です。 このような 茶入 の形で、大きな茶壺も人気があり、お持ちのお客様がおられましたら高価にお譲りさせて頂きます。

 

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地